◆ その石油ストーブ、ファンヒーター、壊れたからと捨てる前にちょっと一考を ◆


◆ コロナ石油ストーブの芯交換


コロナの石油ストーブの芯交換実例です。
レバー式の古い機種ですが、芯の交換自体はダイヤル式よりも簡単です。
コロナはガラス芯のものが多いのですが、燃焼不良で芯の先端にタールが付いてダメになることが多く、着火不良や炎が十分上がらないといった症状になりやすいです。
販売店で芯交換を行うところが少なくなってきましたが、買い替えよりも芯を交換した方が安上がりです。
芯の交換費用は芯代を除けばどの機種もほぼ一緒ですから、より高額な石油ストーブほど交換するメリットがありますね。
この実例で、芯代1,550円+点火ヒーター400円+交換工賃2,100円の合計4050円になります。



 

      いかがでしたか?。機会があったらダイヤル式の交換手順もアップする予定です。

 

ページのトップへ戻る